IP Bridgeについて

ホーム > IP Bridgeについて

人々の未来づくりに貢献する

知的財産の最適な活用を通じて、オープンイノベーションを促進し、人々の未来づくりに貢献するという理念のもとに、産業革新機構を中心に複数社で創立されましたのがIP Bridge であります。世界中の知財提供者と知財利用者を繋ぎ、新たな商品・サービス・事業を創造してまいります。

グローバルで変化する知的財産のありかた

現在、知的財産を取り巻く状況はグローバルで大きく変化しています。これまでの知的財産の自前主義から、オープンイノベーションへと変化し、知的財産は自社や自身の製品への活用から、自由市場での取引対象となりつつあります。知的財産の所有者と利用者がグローバルに利益を享受できる環境に向かいつつあります。

米国を中心に、知的財産の分野にも、金融やマーケティングといったこれまでとは違う人材が活躍し、これまでとは異なるビジネスモデルが誕生しようとしています。知的財産に対する考え方も、特許侵害の有無といった知的財産そのものだけでなく、知的財産の資本としての活用を含むものとなり、経営戦略の中核を担う内容へと変化しています。

一方、我が国では、国内での特許の有効な活用は全体の約5割にとどまっており、大学など学術機関での知的財産活用は、欧米などと比べればこれからの段階です。人々の暮らしや生活に役立つことのできるはずの知的財産が様々な理由により、いまだ未活用となっているのが現状です。

オープンイノベーションを掲げるIP Bridgeの新たな取り組み

経営戦略としての知的財産への取り組みはまだまだこれからの段階です。弊社はグローバルなオープンイノベーションの実現を目指し、事業起点で企業や学術機関の知的財産戦略や施策の立案などを支援してまいります。こういった活動を通じて、本来は多くの価値を社会に提供するはずの未活用の知的財産に新たな光を与え、事業化への道筋を支援していき
ます。また、弊社は、企業単位で分断された技術を横断的に把握し、未活用の知的財産を発掘していきます。各企業の技術・人材の一層の有効活用に向けて、支援を行ってまいります。

ライセンス活動にあたっては、そういった知的財産を集積して、市場のニーズに応える強力な知的財産のポートフォリオを構築していきます。弊社は、知的財産のポートフォリオを低コストで迅速に構築し、知的財産の需要と供給が一致する市場価格での提供に努めてまいります。また、オープンイノベーションの健全な発展のためには、守るべきルールが
確立されなければなりません。オープンイノベーションの健全なスキームとルールの確立を進め、国内外の産業の発展に貢献してまいります。

IP Bridge にご期待ください。