新着情報

ホーム > 新着情報 > 角川アスキー総研、朝日新聞、東洋経済による『IP2.0シンポジウム』に協賛します

角川アスキー総研、朝日新聞、東洋経済による『IP2.0シンポジウム』に協賛します

IP Bridgeは、2014年11月27日(木)に東京・秋葉原のUDX GALLERYにて開催される『IP2.0シンポジウム 〜未来の”モノ”・”コト”を創出する新パラダイムへの提言〜』に協賛します。

知的財産を巡る環境の変化はますます加速し、これまでにない質的変化を遂げつつあります。企業戦略に知財が大きく関わってくる時代です。

『IP2.0シンポジウム』では、MITメディアラボ所長の伊藤穰一氏を始め、サンリオ、Google、KADOKAWA・DWANGOなど経営戦略、知財戦略にかかわる方々を登壇者に迎え、「グローバル時代の特許・著作権戦略」「知とテクノロジーのエコシステム」などのテーマについて議論しながら、今後知財をドライブするものは何かを追求しています。『IP2.0シンポジウム』は、知財をめぐる社会全体を巻き込む潮流に対する議論に、知財や特許の専門家以外の人々も積極的に参加していくことが重要だと考えています。

オープンイノベーションを掲げ、知財分野における新たな活動を推進するIP Bridgeは、『IP2.0シンポジウム』の考え方に賛同し、今後もサポートしていきます。

また、企業セッション「グローバル時代の特許・著作権戦略」には、Google 野口氏、サンリオ 鳩山氏、日本知的財産協会 久慈氏などとともに、当社代表取締役社長 吉井重治も登壇します。グローバル化を背景とした知財戦略の在り方について議論していきます。

『IP2.0シンポジウム』への、みなさまの参加をお待ちしています。


開催概要
タイトル:IP2.0シンポジウム 〜未来の”モノ”・”コト”を創出する新パラダイムへの提言〜
内 容 :基調講演、各種セッション、IP2.0研究会の成果発表、パネルディスカッション
日 時 :2014年11月27日(木)13:30〜18:00(12:45受付)
会 場 :UDX GALLERY(東京/秋葉原)
定 員 :300名(先着)
対象者 :経営者、次世代経営者、企業の戦略・経営企画、知的財産担当者、メディア、広告関係者
参加料 :10,000円(税込/事前登録制)
主 催 :角川アスキー総合研究所
共 催 :朝日新聞社 / 東洋経済新報社
協 賛 :株式会社IP Bridge
後 援 :一般社団法人日本知的財産協会

※詳細に関しては下記リリースをご参照ください

◆リリース
http://www.lab-kadokawa.com/5653

◆お申込み
お申し込みはこちらの申込ページ(角川アスキー総合研究所)からお願いします
http://www.lab-kadokawa.com/ip2-0symp