新着情報

ホーム > 新着情報 > IP Bridgeが『第3回 IPBC アジア』にカントリースポンサーとして参画します

IP Bridgeが『第3回 IPBC アジア』にカントリースポンサーとして参画します

2015年11月8日(日)から11月10日(火)に東京・丸の内のパレスホテル東京(丸の内1-1-1)にて開催される『第3回 IPBC アジア』(主催:インテレクチュアル・アセット・マネジメント)に当社がカントリースポンサーとして参画します。また、当社代表取締役社長 吉井重治が当イベント11月10日のセッションに登壇します。

 

知的財産による経営の柔軟性、売り上げの増大、利益の拡大、株主価値の向上を戦略的にどう実現するのかが、知的財産所有者に対する金融市場からの期待となりつつあります。当イベントは、これまでシンガポール、上海にて成功をおさめた『IPBC アジア』(2013年、2014年)、『IPBC 日本(日本知財ビジネス会議)』(2014年)の成果を踏まえた構成で、知的財産創造にかかわる一般的な問題だけでなく、アジア地域の知的財産権所有者がグローバルな事業拡大にあたって直面する諸問題を取り上げます。

 

また、11月10日に開催されるセッション『特許ポートフォリオを強化し商機を高める』には、レノボ社アイラ・ブラムバーグ氏、メディアテック社ウェイ・フー・スー氏、欧州特許庁グラント・フィルポット氏、ソニー社鈴木 草平氏とともに、当社社長 吉井重治もスピーカーとして登壇します。高水準の特許ポートフォリオの構築に向けた、自社知財の創生、ライセンスの導入および知財の買収についての戦略のありかたを議論していきます。

 

開催概要

タイトル:第3回 IPBC アジア

日程:2015年11月8日(日)~11月10日(火)

場所:パレスホテル東京

内容:知財価値創造に関わる一般的な問題、世界の他地域への事業の拡大を目指すアジア地域の知財権利所有者が直面する諸問題について

主催:インテレクチュアル・アセット・マネジメント(IAM)

 

※主催者のインテレクチュアル・アセット・マネジメント(IAM)は2003年に設立された世界有数の知財ビジネス情報のプロバイダーです。同社が提供する雑誌『IAM』は、欧米を中心に、多くの企業の上級役員や法律事務所が定期講読する知財誌として独自の地位を確立しています。

 

※申込み方法及び詳細プログラムについては、以下のURLをご参照下さい。

◆『第3回 IPBC アジア』ホームページ

http://www.ipbusinesscongress.com/Asia/2015/